アトピーについて

アトピーとは

アトピーは正確にはアトピー性皮膚炎という名称です。このアトピーは名前からもわかるとおり皮膚炎の一種で、皮膚に湿疹やかゆみやただれなどを生じさせる病気のことです。原因については様々な意見がありますが、おおむね遺伝的な影響が大きな原因ではないかというのが最近での理解です。主に皮膚の弱い子供が患うことの多い病気ですが、最近ではアレルギー体質の大人でも発症する場合があるということが分かっています。

アトピーの原因を体内に持つ人のうち約80パーセントの人が5歳になるまでには発症するといわれています。症状が出やすいのは顔や首、肩や首から胸元にかけての部分、腕やひざの裏などの関節部分や足首などです。つまり基本的には全身に発症する場合が少なくありません。そしてアトピーにかかってしまった場合には感染症の危険もあり、気管支炎喘息やアレルギー性鼻炎などに感染する場合もあります。このようなアレルギー疾患の症状は多く見られるようになってきており、日本だけにとどまらず世界中で増加の傾向が見られるようです。

またアトピーは季節や環境によっても左右される病気です。例えば夏場は暑いため汗を多量にかきますがそれが皮膚を刺激してかゆみや症状を酷くしてしまうこともあります。逆に冬場は気温が下がると同時に乾燥しますので、皮膚の水分が失われることによってかゆみがひどくなるケースもあります。また症状は人によって様々ですので、一概にこの季節の方がいいといえるものでもないようです。

アトピーにかかると皮膚の抵抗力が低下するため細菌に感染しやすくなったりウイルスに対する抵抗力も低下するといわれています。細菌感染の例としては黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などがありますし、ウイルス性の感染症としてはヘルペスウイルスや水いぼウイルスなどが知られています。

ahcc 効果 菊芋茶 副作用 女性ホルモンを増やす方法 ウコンの副作用 アトピーと食事