アトピーについて

赤ちゃんとアトピー

赤ちゃんが生まれると、喜びと共にいろいろな心配もあると思います。その一つが病気でしょう。赤ちゃんのお肌が赤くなってきたり荒れてしまったりしてくると、もしかしてアトピーになってしまったのではないかと心配してしまうかもしれません。近年アレルギーで悩む人の数が増加していることもあって、お肌に異常が見られるとどうしてもアトピーを疑ってしまうかもしれません。

過去にアトピーに悩まされたことのある方なら余計にいろいろと考えてしまうかもしれません。例えば、赤ちゃんなのに塗り薬を使わなければいけなくなるのだろうか、ステロイドを使って治療することはどうしても避けたい、などです。しかし、まず最初に考えてほしいことですが、お肌のトラブルがすべてアトピーではないということを思い出していただきたいということです。ほかにも乳児湿疹やその他のお肌の関係したトラブルの可能性もあります。

赤ちゃんに生じる湿疹は状態も症状も様々です。赤ちゃんはお肌を保護するためのバリア機能がまだとても弱いため、どうしてもお肌の関係するトラブルは起きやすいのです。特に生まれてからしばらくの期間は母親のホルモンの影響がまだ抜けきらないために皮脂の分泌がとても盛んです。

そのためにどうしても湿疹ができやすい傾向があります。病院で診察を受けても見分けが難しいため、乳児湿疹と診断されたり軽いアトピーと診断されたりして余計に混乱するかもしれません。病院によっては生まれてすぐの赤ちゃんにはまだ病名をつけることを躊躇するところもあるくらい、見分けが難しいのも確かです。それで、とりあえず湿疹が出来た場合には慌てずに清潔にすることを心がけてください。そして、正確な診断が出るまで、定期的に診察を受けるようにしましょう。