アトピーの治療方法

スキンケアは大切

皮膚には外からの良くないものの侵入を防ぐ働きがあります。アトピー性皮膚炎に感染するとこの皮膚にあるバリアー機能が低下して容易に外部から良くないものが入り込みやすくなってしまいます。それで、アトピーの症状が軽くなったとしてもこのスキンケアは日頃から心がけて行うことが大切になってきます。

まず皮膚を清潔に保つことですが、せっけんやシャンプーなどを使用した後は皮膚に成分が残らないよう丁寧に洗い流すことが大切です。もし洗剤の成分が残ってしまうとそこから皮膚へのダメージが酷くなるからです。また、せっけんを使うときにはよく泡立ててから使うことも大切です。皮膚が敏感になっていますので、せっけんの成分が濃い状態で使用するならやはりあまり良くありません。傷んでいない皮膚を洗うときでさえ石鹸は泡立ててから使うほうが良いといわれていますので、気を付けたい点です。

シャワーや入浴の後に皮膚が乾燥しないように注意しましょう。保湿剤を用いることで肌を乾燥から守ることが出来、軽い症状のアトピーの方の場合はこれだけでもかなり効果的にスキンケアを行うことが出来るでしょう。また、普段の生活でもなるべく皮膚が乾燥しないように、保湿に注意することでかなり改善することが期待できます。

洗濯をする場合ですが、洗濯石鹸は界面活性剤の含有量がなるべく少ないものを選ぶことが出来ます。界面活性剤も皮膚には刺激物となりますので、もし洗濯物に残るなら皮膚を傷つけてしまいかねません。あとは、弱酸性のせっけんやシャンプーを選んだり、爪をこまめに切って皮膚を引っ掻かないようにすることも出来るでしょう。