アトピーの治療方法

内服薬を使う

アトピーの治療に用いることの出来る内服薬にもいくつかの種類があります。多く使われるのは抗アレルギー剤や免疫抑制剤といわれるものです。これらの内服薬にはアトピーの対する即効性のあるものはありませんが、長期的に服用することでアレルギー反応を抑える効果はありますので、アトピーの治療にも効果が期待できます。それで初めから強い薬を使うと体にも負担がかかりますのでまずはアレルギー反応を抑える薬を根気よく使うことから始めるのはいいかもしれません。色々な副作用もありましたが、最近ではかなり副作用の少ない効果的な薬が開発されてきています。

漢方薬にも効果の期待できる薬があります。漢方薬には体内の冷えを改善して溜まっている毒素を排出して、身体に本来備わっている自然治癒力を高めるという効果が期待できます。基本的なことですが、体の抵抗力を高めることは自然な方法で病気を治すためには効果的な方法だといえます。しかし漢方薬の欠点は時間がかかるということです。効果が出るまでにはかなりの期間が必要になることもありますので、根気が必要です。

かゆみが強い場合にも内服薬を使うことが出来ます。抗ヒスタミン剤を使うと効果が期待できますが、昔のものは眠気が強く出るために仕事に支障が出やすく敬遠されることも多かったようですが、最近ではかなり改善されてきているので比較的使いやすくなってきているようです。いずれにしても医師の診断を受けて使うことが大切ですので、専門病院で受診して適切な薬を処方してもらうようにしましょう。