アトピーの治療方法

食事の改善

アトピー性皮膚炎はアレルギーの反応によって引き起こされることが多いのが特徴ですので、普段の食生活を改選することでかなりの改善が期待できます。逆に言うと食生活が悪いとアトピーの症状も悪くなりやすいということです。この方法は即効性こそ期待できませんが、かなりの効果は期待できますので、取り組む価値はあるといえるでしょう。

まず第一段階として、病院でアレルギー反応試験を受けることが出来ます。どの食品や成分に反応するのかがわかるとそれを避けることが可能になります。アレルギーを引き起こす食べ物は人によって様々ですので、成分ごとに分けた細かなテストが必要になります。その後、アレルギー物質がどの食品に多く含まれているのかを調べて、それを食べないようにしたり調理して成分を少なくすることによってアレルギーのもとを絶ってしまおうという方法です。詳しく分けると3つほどの方法があります。一つは完全に避ける方法です。例えば、牛乳由来の成分が体に合わないという場合、牛乳やチーズ、生クリームやカフェオレなどの乳製品全般を完全に避けてしまうという方法です。少しでも食材に含まれているならばそれも食べません。別の方法は牛乳そのものは避けますが食品に転嫁されている程度の量なら許容範囲とみなすという方法です。この場合シチューやプリンなどは大丈夫ということになります。もちろん完全に食べない場合に比べると効果は下がってしまいますが、実際問題すべてを食べないというのはかなりストレスがあり、難しい場合もありますので、可能な限り避けるという感じで行うことが多いようです。最後にアレルギー薬を飲んでから食べるという方法もあります。いずれにしても関係するアレルギー物質を避けることでアトピーの改善は期待できます。