アトピーと食品

ニンニクエキスの使用

ニンニクは多くの健康食品の中でも昔から有名でいろいろな病気に用いられてきた実績のある食品です。多くは精をつけるために用いられ、エジプトでも古来から滋養強壮のために食べられてきたといわれています。ニンニクは主にビタミンのB1を多く含んでいますが、これは疲労回復などに効果があることが有名です。さらにニンニクにはスコルジンやアリシンなどの成分が含まれており、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。これらの成分がすべて合わさって働くときに疲労回復として効果的に体に効くと思われます。

アリシンについてもう少し詳しく述べたいと思います。アリシンという物質には殺菌作用や解毒作用、抗酸化作用や胃液の分泌を促す働きもあり、アトピー性皮膚炎の治療に有効といわれる働きをしてくれる成分といえます。カビを抑える働きもあり、体内から有効に働いてくれます。もともと生のニンニクには含まれていない成分ですが、刻んだりすると酵素のアリナーゼが働いて化合物アイリンから生成されます。放置しておくと速やかに分解されるため、調理して食べるという方法ではあまり多量に摂取することはできないかもしれません。それで近年、メーカーなどが錠剤やカプセルの形で効率的に取り入れることが出来るように開発されてきていますので、そちらを利用すると効果的かもしれません。

またニンニクには有機ゲルマニウムとよばれる成分が含まれており、有害な重金属の成分を体内から除去する助けになります。また腫瘍を予防する効果もあります。ただ残念なのはニンニクのにおいが強いため、生にしろ人工の製品にしろ敬遠されがちであるという点です。でもその点でも改善が日進月歩で進んでいますんで、最近はあまり気にせずに取り入れることも出来るようになりつつあります。